【デザイン】徹底的に言葉にする

会社やお店、サービスのアイデンティティを考える時、

らしさや方向性は、誰にも分かるように、

まず言葉で表現することが大切です。

例えば、「かわいい」

どんな風にかわいいのか、

大人向けか、子どもっぽいかわいさか、

一つの要素を細分化し、言語化します。

そうすることで、一本筋が見えてきます。

その言語化が、アイデンティティを保つために、

とても重要になってきます。

事業を広げる、新たな展開を考える時に、

「らしさ」を表した言葉があると、

それに沿って、ビジュアルや必要なものを考えることができます。

本質は何なのか。形にしていく前にとても大切な作業になります。

プチベベでは、言語化する作業のサポートもさせていただいております。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

PAGE TOP