about

ゴールの次のスタートを目指して

スタートをするということは、
ゴールがあるということ。
ゴールを目指すために、
デザインとデザイン思考を活用し、
スタートを応援したいと考えております。

ゴールは一つではありません。
ゴールした途端に次のスタートラインが
見えてきます。
目先のゴールだけではなく、
次のスタートが見えるゴールを目指し、
末長く事業を続けられるように、
サポートしてまいります。

私は、心理学系から
デザインの道に進みました。
繁栄するデザインだけでなく、
心を、社会を、声にならない声を
反映できるデザインを目指してまいります。

いつも”に気づきを

デザインの力で
青い空のように
新しい世界が広がっていったり、
いつもが、当たり前でなく、
素晴らしい!と気づきを得たり、
皆様の人生にちょっとでも
プラスになるよう、
豊かになるように、
お手伝いさせていただきます。

プチベベは、フランス語で小さい赤ちゃんの意味。
小さい赤ちゃんの時ほど、
成長が目まぐるしい時はありません。
大人になった私たちも
小さい赤ちゃんに負けないように、
日々成長を目指したい、
そんな思いでおります。

ロゴマークは、扉をイメージしたもの。
みなさんのスタートの扉が開かれますよう、
願いを込めて。

01 _ 定義・価値をデザイン

●トーン・マナーを揃える。
●「価値」や「らしさ」を定義する。


起業する、開業する、開店する、新しい事業を立ち上げる、新商品を出す、など様々な「スタート」がありますが、それに伴い必要になるのが、ロゴを始めとする「らしさ」や「価値」を伝えるツール。認知を高め、信頼感を得るために、トーン・マナーを揃えることは、とても大切で重要なことです。グラフィックデザインや言葉、情報を駆使し、それぞれの「価値」を形にしていきます。

02 _ 展開のデザイン

●目的や目標を達成するために必要なものを考える。


事業やサービスを展開していくために必要なものが何かを考え、形にしていきます。例えば、パンフレット制作、DM制作、封筒やノベルティなど、視覚化するものであればご相談ください。ご予算なども含め、打ち合わせをさせていただき、共に作り上げていきます。


デザインが叶えるのは、かっこいい、センスいい、というような外観ばかりのものではありません。時に“ダサい”見た目の方が役目を果たすこともあります。デザインは、見た目を整えるためにあるのではなく、中身を伝えるためにあります。みなさんの伝えたいことが、多くの人の心に響くように形にしていきます。デザインによって人と人、人と生き物、人と社会、人とモノ、あらゆることがつながり、よりよい日常が作られていくことを願っております。


事業内容

<デザイン事業>
ロゴ・名刺・フライヤー・パンフレット・パッケージなど、グラフィックデザイン全般 / ディレクション/キャッチコピー制作 / 外部連携によるウェブ制作

<商品開発・販売>
オリジナルブランド「一日一行日記シリーズ」の商品開発・デザイン、及び販売

プチベベ グラフィックデザイナー
佐藤 志保

北海道帯広市出身。
大学は心理学専攻。

デザイン会社に数社勤務後、
2015年フリーランス活動開始。
デザイン系の学校は、
卒業しておりませんが、
福祉を学び、精神保健福祉士を
取得しています。
その点、デザイン系の人材の中では福祉について、理解が深いと
考えております。
デザインの力が、
経済を潤すための術だけでなく、生きづらさを感じたり、
社会的弱者とされる方々が
よりよく生きられるための何らかの力になれるよう
制作に励みたいと
考えております。

好きなこと…
ドライブ、音楽、旅行、デザイン。

PAGE TOP